マンションも一戸建ても耐震診断を

耐震診断は必須

古い建物なら耐震診断は必要です。マンションも一戸建ても受けておきましょう。

マンションも一戸建ても耐震診断を

ごく最近に建築された建物なら心配はないでしょうが、かなり古いマンションや一戸建ての住宅の場合、耐震診断が必要ではないかと思います。

マンションは、地震で倒壊してしまったら部屋に取り残されてしまう可能性もありますし、崩れた壁などに挟まって出られなくなるといった心配があります。

古い家なら、ぺしゃんこになってしまうこともあるので、命の危険にさらされます。

昭和50年頃に建てられたものや、昭和56年以前に建てられたものは耐震診断を受けた方が良いとされています。

見た目は頑丈そうでも、耐震についてはきちんとされていない場合が多いのです。

マンションだから大丈夫だろうとか、鉄骨でできている家だから大丈夫だろうという考えは改め、古い建物なら耐震診断を受け、耐震補強工事が必要となれば早急に対応するべきだと思います。

大きな地震はいつ起こるかわかりません。

被害を受けても、最小限で済むような対策をとっておくべきだと思います。

多くな吹き抜けがある建物はおしゃれに見えますが、案外地震には弱いと言われています。

子どもたちが集まる施設がこのような建物なら早急に耐震診断を受けることをおすすめします。

診断を受けて大丈夫であればそれで安心ですからね。

関連情報・・・無料の耐震診断での注意

耐震診断は必須 Copyright (C) photoscannerreviews.info. All Rights Reserved.